ワンピースで王下七武海が撤廃!現在元七武海たちはどうなっているのか

ワンピースの世界会議(レヴェリー)で大きな決定の一つが王下七武海の撤廃!
政府公認の存在だった王下七武海を捕縛するために現在海軍はそれぞれの拠点に攻め込んでいます。

王下七武海撤廃は三大勢力が崩れる可能性がある非常に危険な事柄。
なぜ今になって王下七武海の撤廃に踏み切ったのでしょうか?

今回は王下七武海の撤廃の裏側と元王下七武海たちは現在どうなっているのかについてみていきましょう。

Sponsored Links


\ 今すぐワンピース97巻が無料で読める /

U-NEXTでワンピースを無料で見る

U-NEXTの無料トライアルの登録時にもらえる600ptのポイントでワンピース97巻を無料で読むことができます!


王下七武海が撤廃

聖地マリージョアで開催される世界会議(レヴェリー)。
その世界会議(レヴェリー)で議題に上がったのが、王下七武海制度の撤廃!!

その七武海会制度の撤廃が可決されました!




そして王下七武海制度の撤廃が各国に知れ渡る。
人々は王下七武海制度の撤廃に喜びを露わにしていました。

王下七武海って、やはり嫌われていたんですね。

海軍はというと海軍将校たちが軍艦を率いて、王下七武海の根城に攻め込もうとしていた。


王下七武海の現在

バギー

バギーが根城にするのは新世界カライ・バリ島。
一方的に王下七武海制度の撤廃を告げられたバギーは怒り心頭!

すでに島は海軍に包囲されていた。


バギーズデリバリーのメンバーには徹底抗戦の構えを見せるバギー。
しかしバギーはバギーズデリバリーのメンバーが戦っている間に逃走することを考えていた。

⇒バギー海賊団のメンバーは?能力と懸賞金も紹介

⇒バギーの七武海加入の理由!現在の能力や懸賞金を紹介


ミホーク

ミホークが根城にするのはクライガナ島シッケアール王国跡地。
海軍はミホークに降伏を求める。

ミホークは久しぶりに海軍から追われる状況に武者震いを感じていた。


エドワード・ウィーブル

母親とエドワード・ウィーブルがいるのは新世界。
二人は海軍から包囲されていた。

母親はエドワード・ウィーブルに海軍を蹴散らすことを指示する。

⇒エドワード・ウィーブルの正体は?能力や強さも紹介


ボア・ハンコック

ボア・ハンコックの拠点は女ヶ島アマゾンリリー。
皇帝ハンコックの元に王下七武海撤廃の情報が飛び込んでくる。

動揺する回りを他所にハンコックは自身が王下七武海になったのは強さゆえ。
強さに絶対の自信を持ち、迎え撃とうとしていた。

ボア・ハンコックを捕まえようとする海軍の中には大佐となったコビーもいた。


バーソロミュー・くま

世界会議(レヴェリー)に登場した時には聖地マリージョアでロズワード聖の奴隷となっていた。

革命軍の革命軍参謀総長のサボと軍隊長たちはバーソロミュー・くまを奪還しようと藤虎・緑牛などと激突したが・・・
その後の展開はまだはっきりと伝えられてはいません。

⇒バーソロミューくまの正体は革命軍幹部?なぜ麦わらの一味を助けたのか理由を紹介

⇒バーソロミューくまはソルベ王国の元国王!現在は天竜人の奴隷となっていた


王下七武海制度はなぜ撤廃されたのか?

王下七武海制度はどのような経緯で撤廃されたのでしょうか?

世界会議(レヴェリー)でアラバスタ王国・コブラ、ドレスローザ・リク王の二国の王から議題に上がった王下七武海制度の撤廃。
実はこの世界会議(レヴェリー)が始まる前に海軍大将藤虎とコブラ・リク王は会談をしていました。

ワンピース第908話で藤虎が世界会議(レヴェリー)の前にコブラとリク王に手紙を出していたことが判明しています。


王下七武海により、国を乗っ取られたコブラとリク王。


アラバスタ王国を乗っ取ろうとしたは当時の王下七武海・クロコダイル

アラバスタでは国王軍と反乱軍は全面戦争。
この戦争はクロコダイル率いるバロックワークスが扇動し、仕掛けられたものでした。
国を混乱させて、国を乗っ取る計画を立てますが、麦わらの一味によって阻止されます。


ドレスローザを10年間支配していたのは王下七武海・ドフラミンゴ

Sponsored Links

ドレスローザの王ドフラミンゴは10年前に突如現われ、リク王の信頼を一夜にして失墜させ、王の座を奪います。
10年間国民に富を与える一方で、裏では国民をおもちゃにし奴隷として働かせ、記憶を操作、ドレスローザを支配していました。
ルフィたちとの激闘でドンキホーテファミリーは壊滅・ドフラミンゴはルフィに敗北します。


藤虎は世界会議(レヴェリー)の前に王下七武海から実際に被害を受けたこの二人と会い、王下七武海の撤廃を呼びかけたのだと思われます。


藤虎は王下七武海のことを目の敵にしていましたよね。
以前から王下七武海撤廃を求めていました。




ドレスローザで藤虎がドフラミンゴに王下七武海完全撤廃を目論んでいることを打ち明けていましたよね。


世界政府の公認の王下七武海でしたが、元々はやはり海賊。
クロコダイルやドフラミンゴのように悪事を働く者たちが出てきます。

今後そういった悲劇を生まないために、立ち上がったのが海軍大将・藤虎でした。


そうして藤虎とコブラ・リク王により、王下七武海は撤廃となりました。


王下七武海に代わる勢力は?

王下七武海が撤廃されることで懸念されるのは世界の三大勢力の均衡が崩れること。

三大勢力の中で王下七武海が撤廃されるということは今後は四皇VS海軍という図式が強くなってくると思われます。
そして王下七武海にいた凶悪な海賊たちが世に解き放たれる。


これまで海軍は王下七武海を利用していました。
頂上戦争では白ひげ海賊団に王下七武海をぶつけたりもしていましたよね。
今後はそれができなくなる。

海軍はより強力な力を持つ必要性が出てくるわけです。

しかし現状王下七武海が撤廃されたとしても世界の均衡は保たれると海軍は判断したと思われます。


藤虎は王下七武海に代わる存在を海軍が有していることを示唆しています。

ドレスローザ編後、ベガパンクの元に行っていたと思われる藤虎。
その後聖地マリージョアに世界会議(レヴェリー)の護衛にやって来ていた藤虎は緑牛に

「すげェモンが完成してやした」

と言っています。


このすげェモンとは何なのか?

これは・・・

ベガパンクが開発したパシフィスタの完成型

の可能性が高いですね。
ベガパンク率いる海軍特殊化学班「SSG」がパシフィスタが完成型を完成させた。
今までプロトタイプでしたからね。

藤虎はこれのことをすげェモンと言っているのだと思います。


パシフィスタの完成型が今後王下七武海に代わる勢力となる!

というのが海軍の見解なのでしょうね。


さいごに

ワンピースで王下七武海が撤廃され、現在海軍は元七武海たちの捕縛に動いています。
王下七武海の元にはベガパンク率いる海軍特殊化学班「SSG」がパシフィスタが完成型が戦力として送られた可能性が高いと思われます。

海軍VS元王下七武海

捕縛されてしまう王下七武海のメンバーはいるのか!?
作中ではその後は明かされていません。


今後この海軍と元王下七武海の戦いのその後がわかれば

化学特殊化学班「SSG」の存在
王下七武海に代わる勢力

これらがはっきりしてくるでしょう。

⇒王下七武海のメンバー一覧!能力や懸賞金も紹介

Sponsored Links

ワンピースの最新刊97巻が今すぐ無料でみれる!

現在期間限定ではありますが、U-NEXTという動画配信サービスへ登録すれば

ワンピースの最新刊97巻を今すぐ無料で見ることができます!


電子書籍はお試しで数ページみることができますが

物足りなくないですか!?

U-NEXTは登録と同時にポイントが600ポイントもらえます。
その600ポイントを使えば

ワンピースの最新刊の97巻を丸々1冊電子書籍で無料で見れちゃいます!


もちろんU-NEXTではアニメなどの動画もたくさんみることができます。

今なら31日間無料のため、使い倒しちゃいましょう!

⇒U-NEXT公式サイトはこちら

ワンピースが好きな方はこの機会にぜひ一度登録してみてくださいね♪


本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

Sponsored Links

■ オススメ記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ