銀魂の長編一覧と物語の本筋にかかわる重要な回を紹介

1945_1

銀魂には長編シリーズという2話以上のストーリーが存在します。
その中で今回は銀魂の中で物語の本筋にかかわる重要な回を紹介します。

Sponsored Links

銀魂の長編一覧

銀魂は登場人物とストーリーの数が多過ぎるので、ここでは最低限見ておいた方がいいストーリーを紹介します。

登場人物の数も多いので、誰だっけ?
というような人も急に登場しますが、あくまで重要であると思われた人物だけ記載しています。


神楽・新八・桂小太郎・真選組のメンバーが登場

アニメ:3〜5話
マンガ:1・3・4訓

ここでは銀魂の本筋にかかわってくる主要メンバーが多数登場します。
新八と神楽との出会いやなぜ万事屋で銀時といることになったかなどのエピソードや攘夷戦争で一緒に戦い、銀時と同じく吉田松陽の弟子である桂小太郎もここで登場します。

そして真選組の主要メンバーも登場しています。


春雨が登場

アニメ:13話
マンガ:12〜14訓

宇宙海賊の春雨のメンバーが初登場。
春雨についての説明もあります。


陸奥とエリザベスが登場

アニメ:15話
マンガ:20訓

快援隊の坂本辰馬の副官の陸奥とエリザベスが初登場。


高杉が登場

アニメ:17話
マンガ:29訓

吉田松陽の弟子の一人である高杉と発明家の平賀源外が初登場。

高杉は今後物語を引っ掻き回す重要な人物になります。


さっちゃんが登場

アニメ:22話
マンガ:40訓

元御庭番衆のメンバーであるさっちゃんの初登場。
今後御庭番衆関連のエピソードには必ず登場し、それ以外にも万事屋との絡みも多いです。

特に将軍暗殺篇の御庭番衆当主の全蔵と絡みはおもしろいですよ。


坂本辰馬が登場

アニメ:23話
マンガ:26・27訓

神楽の当てた宇宙旅行で坂本辰馬と再会。
攘夷戦争で吉田松陽の弟子達と共に四天王と呼ばれていた坂本辰馬が初登場。

銀時・高杉・桂と並んで最後まで活躍する重要な人物。


松平片栗虎が登場

アニメ:28話
マンガ:57〜63訓

警察庁長官が松平片栗虎が初登場。
そして天導衆についても少しだけここで語られます。


服部全蔵が登場

アニメ:37話
マンガ:53訓

御庭番衆当主服部全蔵が初登場。
厳密には36話で少し登場していますが、あまり意味がない登場の仕方のため割愛します。


星海坊主篇

アニメ:40〜42話
マンガ:57〜63訓

神楽の父親で夜兎族の頂点に立つえいりあんはんたーの星海坊主。
星海坊主は娘の神楽を連れ戻しに地球へとやって来た。

そんな中、江戸では目の下にクマができるという特徴が現れる寄生型えいりあんによる進行が猛威を奮っていた。


神楽の抱えている問題が垣間見える回。
あの神楽が泣く姿が印象的です。
ただ神楽の問題が解決するのは、烙陽決戦篇でまだまだず〜っと先のことになります。


紅桜篇

アニメ:58〜62話
マンガ:89〜97訓

江戸の街では辻斬りが横行していた。
その辻斬りには幕府を潰そうとする高杉率いる鬼兵隊と妖刀紅桜が関係していた。


鬼兵隊のメンバーが初登場。
銀時・桂と高杉の進むべき道が完全にすれ違った回。


柳生篇

アニメ:76〜81話
マンガ:110〜123訓

お妙の前に突然現れた柳生九兵衛。
九兵衛はお妙を強引に嫁にしようとする。

お妙は銀時や新八にさよならという言葉を残し、九兵衛と共に去っていく。
その目には涙が溢れていた。

その姿を見た新八・近藤・銀時達はお妙を取り戻そうと柳生家に乗り込む。


柳生家の次期当主である剣士の柳生九兵衛が初登場。


ミツバ篇

アニメ:86〜87話
マンガ:129〜132訓

沖田の姉のミツバは結婚の報告に真選組に訪れた。
しかしその結婚には裏があり、ミツバは沖田にある事を隠していた。

そして土方とミツバには浅からぬ関係があった。


物語の本筋にはそれほど関係ありませんが、沖田と土方の見方が変わる回。


真選組動乱篇

アニメ:101〜105話
マンガ:158〜168訓

真選組に近藤が先生と呼び、加入して1年にして参謀にまで上り詰めた伊東鴨太郎が江戸に戻ってきた。

土方はボロボロになった刀を預けている間、代用として呪われている妖刀「村麻紗」を借りていく。
しかしその刀を使おうとした瞬間、妖刀の呪いでオタクのトッシーに変わってしまった。

真選組での居場所を徐々に失っていく土方。
台頭していく伊東。

しかし伊東は裏で鬼兵隊とつながっており、真選組を潰そうとしていた。


土方好きならぜひ見た方がいいシリーズです。
単純に土方がおもしろい笑


吉原炎上篇

アニメ:139〜146話
マンガ:210〜228訓

銀時はある日少年の晴太に出会う。
晴太は幼い頃に別れた母親が吉原一の花魁である日輪かもしれないと思い、日輪に会うために日々盗みを働き金を稼いでいた。

お登勢の計らいでお店で働かせてもらうことになった。


銀時達は日輪に会うために吉原を訪れるが、百華の月詠など次々と刺客が現れる。
それはすべて夜兎族で夜王と呼ばれる鳳仙の差し金だった。


このシリーズは

鳳仙対銀時の戦い
神楽の覚醒
神威のの初登場

など見どころが非常に多いです。


このシリーズでは神威・月詠・鳳仙が登場します。


地雷亜篇

アニメ:177〜181話
マンガ:254〜262訓

Sponsored Links

長編シリーズ。

月詠は銀時に吉原で蔓延しつつある薬について相談していた。
蜘蛛の入れ墨の入った人物が関係していると睨んだ月詠と共に手がかりを探している中で、黒幕が初代百華頭領にして元御庭番衆の地雷亜であることを知る。


地雷亜は月詠をさらい吉原を炎上させようとするが、そこに万事屋の面々と御庭番衆現当主の服部全蔵が動き出す。


地雷亜篇は長編シリーズの中では重要度は低い方です。


かぶき町四天王篇

アニメ:210〜214話
マンガ:297〜309訓

長編シリーズ。

銀時の元に突然椿平子という少女が子分になりたいと申し出てくる。
近年かぶき町の街はかぶき町四天王を中心に保たれていた均衡が崩れ始めていた。

そんな時四天王による定例会議でそれぞれの四天王の配下の者は死闘を禁ずるというルールが決められる。
それを破れば、他の3つの勢力に潰される。

しかし平子の陰謀によって、四天王の刃がお登勢に向くことになる。


お登勢の過去や次郎長との関係や四天王など魅力的なキャラクターが出てきます。
お登勢と次郎長は銀ノ魂篇でも重要な場面で登場します。

このシリーズは銀時と次郎長の戦いが最大の見どころですよ。


バラガキ篇

アニメ:244〜247話
マンガ:365〜370訓

名門佐々木家の妾の子の鉄之助が教育のために真選組に預けられてくる。
土方の小姓になることになった鉄之助。

どうしようもなかった鉄之助だったが、土方や真選組と接していく中で外見や心を入れ替え成長していく。


正直鉄之助のうんぬんかんぬんはどうでもいいです。
真選組VS見廻組の構図。
これが今後ずっと続いていくことになります。

ちなみにこのシリーズで初登場する見廻組局長の佐々木異三郎は今後本筋のキーパーソンの一人になります。


一国傾城篇

アニメ:257〜261話
マンガ:386〜399訓

伝説の花魁の鈴蘭はかつて吉原で出会った一人の男を待ち続けていた。
鈴蘭が先代の将軍だった徳川定々と関係していたことを掴んだ銀時達は江戸城に忍び込もうと画策する。

神楽のおかげで江戸城に入ることができた銀時達だが、そこには見廻組の佐々木異三郎と信女の姿があった。


一国傾城篇は本筋にかかわる重要な回です。

徳川定々は銀魂における悪の所業を行なってきた人物。

実は吉田松陽の刑を命令した張本人。
銀時の敵でもある人物ということも判明しました。
このシリーズで朧と奈落が初登場。

朧と銀時の攘夷戦争時代からの因縁の戦いが幕を開けます。


死神篇

アニメ:279〜281話
マンガ:463〜469訓

近頃かぶき町界隈で辻斬りが発生していた。
そんな時銀時は死神の仮面をかぶった少女の池田朝右衛門と出会う。

辻斬りの捜査をしていた真選組は公儀御試御用の十八代目池田夜右衛門に首の切り口から魂あらいという技だと聞かされる。
そしてその技を習得しているのは三人。

今は亡き先代当主の夜右衛門
現当主の夜右衛門
そして現在失踪中である朝右衛門

夜右衛門から朝右衛門を連れてくるように依頼されていた万事屋は朝右衛門を見つけて送り届ける。

そこで一連の辻斬りの犯人が夜右衛門であることを本人から聞かされる。
先代夜右衛門は生存していた頃に秘密裏に罪人を逃していた。

その者達を夜右衛門は粛清していっていた。
そして先代夜右衛門が逃亡を助けていたリストの中に銀時の名前もあった。


将軍暗殺篇

アニメ:300〜307話
マンガ:502〜524訓

ある日将軍徳川茂々の暗殺未遂事件が発生。
すでに四面楚歌の茂々を守るために松平から密命を受けて、真選組と万事屋と御庭番衆は茂々を守るために京まで護衛することになる。

しかしその道中高杉の鬼兵隊や春雨から激しい攻撃を受ける。


このシリーズは個人的には全シリーズの中で1、2を争う位おもしろいと思っています!

特に

てめェら特大のケツの穴におあつらえ向きなとっておきの忍術は・・・もうとっくに使ったさ

ここで銀時と神楽が登場して

銀時と高杉
神楽と神威

この構図の戦いになるところシビれます笑


さらば真選組篇

アニメ:308〜316話
マンガ:525〜551訓

江戸では一橋喜々が新しく将軍となり、民衆に対して悪政を敷いていた。
警察組織は見廻組が真選組に取って代わり、真選組は解体されてしまう。

そして警察庁長官の松平片栗虎と真選組局長の近藤勲も陰謀により逮捕され、黒縄島に収監される。

そんな中、真選組と万事屋と桂一派の攘夷志士が黒縄島に乗り込み、松平と近藤と桂を救うため立ち上がる。


烙陽決戦篇

アニメ:317〜
マンガ:552〜595訓

ある日銀時の元に信女がやってきて、虚や天導衆の正体を聞く面々。

今や春雨の攻撃の手は鬼兵隊と第7師団に向いていた。
そこには星海坊主の姿もあり、二人は激突した。

その後神威は行方不明となるが、それを聞いた神楽は神威と決着を付けるために万事屋を後にし、一人で故郷の烙陽に向かことを決める。

そして銀時も新ハと定春と神楽を追うために、虚との因縁にケリをつけるために烙陽に向かう。
吉田松陽のもう一人の弟子の桂と攘夷戦争を戦った坂本と共に。


銀ノ魂篇

アニメ:?
マンガ:596訓〜



さいごに

銀魂はギャグパートも非常に多いため、どこが重要な回なのか、わからなくなりがちです。
ただこの記事に書いてあるストーリーだけ追えば、物語の根幹を理解することはできます。

ただギャグパートもおもしろいのでオススメなんですけどね。

Sponsored Links
■ オススメ記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ