【ワンピース】ルフィのヒトヒトの実幻獣種モデルニカの覚醒とギア5の能力と技について

ワンピース第1045話で明らかにされたゴムゴムの実の秘密。
ルフィの食べた悪魔の実はヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”という名前でゴムゴムの実ですらありませんでした。

そのヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”の悪魔の実がついに覚醒。
ルフィは能力の覚醒で発動できるようになったと思われるギア5を使って、カイドウに最後の戦いを挑みます。

今回はルフィのヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”の覚醒とギア5の能力と技についてみていきましょう。

Sponsored Links

ルフィのゴムゴムの実が覚醒

鬼ヶ島で次々と倒れていく百獣海賊団の面々。
四皇のビッグ・マムがキッドとローに倒されて、討ち入りの勝敗はルフィに託されました。

覇王色の覇気を纏い、ギア4となってカイドウに挑むルフィ。
最後の力を振り絞りカイドウに殴りかかろうとしたそのとき!!

五老星から勅命を受けたCP0の妨害でカイドウから致命傷となる一撃を受けてしまう。
三度目の対決もルフィが敗北し、討ち入りは失敗かと思われたが・・・

そのとき象主がつぶやく。

「ジョイボーイが・・・!!帰って来た!!!」

ニカッと笑うルフィ。

ルフィ ジョイボーイ

【引用元:ワンピース第1043話】



何かしらルフィの体に変化起こっているのはこの描写からわかりますが、どのように変化するのかは誰も想像できませんでしたよね。
そしてまさかゴムゴムの実にそんな秘密があろうとは・・・


ヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”の覚醒とギア5

ルフィがにかっ!!と笑うのと同時にドンドットット♬と鳴る心臓の音。
ルフィはやりたかったことが全部できると言い、再び立ち上がります。

この状態はルフィのゴムゴムの実が覚醒したことで発現


ここでワンピース第1045話にして衝撃の事実が明らかになります。
ルフィが8歳のときに食べた悪魔の実。
この悪魔の実の正体がゴムゴムの実ではなく、ヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”という名前の悪魔の実だったのです。


ヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”の覚醒してニカとなったルフィの姿の特徴は

髪・眉毛・服装など白っぽい姿になる
ドンドットット♬という心臓の音が響く

ちなみにこのドンドットット♬というリズムの心臓の音は「解放のドラム」と象主からは呼ばれており、ルフィ自身もこの鼓動は聞こえている。
この形態となったルフィは終始楽しい気持ちになり、まるで空想のような奇想天外な戦いを見せる。


ルフィはヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”の発現を機にギア5を発動。
最高地点と称して現在の姿となった。


ヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”の覚醒したギア5の能力

腕力の強化

五老星が噂していたヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”の覚醒とはゴムの体にさらなる腕力と自由を与えられるというもの。

ルフィはカイドウを掴みドーム屋上に引っ張り上げたり、そのまま何度も地面に打ち付けたりと腕力が大幅に強化されていた。
腕力が強化されたことでカイドウへのダメージも増大したと思われます。

体の巨大化

体の一部を思いのままに巨大化させることができる。
その大きさは龍の姿のカイドウを掴めるほど巨大。

ギア3の骨風船、ギア4の筋肉風船などと違い、巨大化させるための予備動作は特になく、瞬時に思いのままに体の部位を巨大化させることができる。

ゴムの付与

周囲の物質や地面をゴムに変化させることができる。
ルフィはカイドウの熱息を地面をゴムに変えてはね返していた。
またルフィが攻撃したときにカイドウの顔や体が後方にめり込んでいることもあった。

空中移動

空を走るように空中移動することができる。
ギア4でも足を収縮した反動を利用して空中移動をすることはできましたが、ギア5では足を収縮させることなく、空中を駆け回っていました。

体の耐久力の向上

武装色・覇王色の覇気を纏いながら、体はゴムの状態を維持することができる。
そのため攻撃を吸収することも可能となる。

Sponsored Links

ルフィはカイドウの攻撃を再三受けるものの体や地面をゴムに変えて攻撃を吸収していた。


ヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”の能力のデメリット

ヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”が覚醒して発動できるようになったギア5。
そのギア5にもデメリットがあるようです。

ギア2では体への負担が激しい
ギア3では体が小さくなる
ギア4では10分覇気が使えなくなる

など
のデメリットがありましたよね。


ギア5でも肉体への負担は相当なものらしく、ギア5を発動したルフィはしばらくカイドウと戦った後、急速に生気を失い、老人のような姿になっていました。

対峙しているカイドウにも「誰だ貴様!!!」と言われるほど。
このリスクは結構心配ですね・・・。


ルフィはギア2、3、4で常に体に負担のある戦い方をしてきましたからね。
エニエス・ロビーではギアによる戦いは寿命を削っているとルッチから指摘されていました。

またルフィはインペルダウンでマゼランの毒でやられたときにイワンコフのエンポリオ・治癒ホルモンで寿命を10年使っています。

悪魔の実の覚醒とギア5の影響がルフィの体を蝕むようなことがなければいいんですけどね。


ギア5の技

ゴムゴムの風船

ゴムゴムの風船の要領で体を大きく膨らませる技。
これまでのゴムゴムの風船よりも遥かに巨大に膨らませることができる。

ゴムゴムの風船のギア5版。
初登場は第1045話。

カイドウに丸飲みされた際に龍の内部でゴムゴムの風船を使い、龍の内部が大きく膨らんでいた。
またゴムゴムの風船でカイドウの体が浮き上がっていたため、相当な浮力もあったと思われる。

ゴムゴムの脱出ロケット

何かにつかまり、ゴムの反動を利用して飛んでいく技。
移動にも攻撃にも使うことができる。
ゴムゴムのロケットのギア5バージョン。
初登場は第1045話。

龍のカイドウに丸飲みされたルフィが脱出するために使った技。
カイドウの両目から手を伸ばして、鼻をつかみ脱出した。

ゴムゴムの巨人

自身の体を巨人族並みかそれ以上の大きさに巨大化させる技。
ルフィはギア5の状態では体の一部を巨大化させることが可能だが、全身を巨大化させたときの状態に技の名前を付けたと思われる。
初登場は第1045話。

巨大な龍の姿のカイドウに対抗するためにゴムゴムの巨人となった。

ゴムゴムの縄跳び

カイドウの巨大な龍の体の頭を尾を掴んで縄のようにし、縄跳びの要領で飛ぶ技。
初登場は第1045話。

ルフィはゴムゴムの巨人で体を巨大化させてから使用した。
カイドウに噛まれたルフィが引きはがすように使用した技のため、ダメージ自体はそれほどないと思われる。

ゴムゴムの雷

雷をゴム化させて操る技。
天空から落ちる雷をゴムにすることで実体化させてつかむことができる。
初登場は第1047話。

ルフィはカイドウに向かって雷を槍のように投げつけて攻撃するもカイドウは回避した。

ゴムゴムの猿神銃(バジュラングガン)

ギア5状態の状態で覇王色の覇気と武装色の覇気を拳に纏わせて放つ技。
拳は鬼ヶ島をほどの巨大さを誇る。

ギア4のゴムゴムの大猿王銃のギア5バージョン。
ルフィのギア5での現時点で最強の技と思われる。

カイドウの火龍大炬の状態で放つ昇龍 火焔八卦と激突。
ルフィとカイドウの力は拮抗するものの最後はルフィの力が上回り、カイドウは地中深くのマグマの溜まり場まで飛ばされた。


さいごに

今回はルフィのヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”の覚醒とギア5の能力と技について紹介しました。

ワノ国編なかなか衝撃的な事実がいろいろ判明しましたよね。
三度敗北じた四皇カイドウをどう倒すのか?
と思われましたが、最後の対決でルフィはヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”の悪魔の実の覚醒とギア5を発動することでカイドウに挑みました。

ギア5については今後もいろいろな技が登場することになると思います。
ちょっとギャグテイストがあるギア5の技。
今後もヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”の悪魔の実の覚醒とギア5の能力について目が離せませんね。

また何気にテレビ版でギア5のあの幻想的な姿がどうなるのかが楽しみです♪

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ