七つの大罪で十戒のメンバーの闘級と能力まとめ!戒禁や魔力は?

七つの大罪 十戒 闘級

七つの大罪の前に立ちはだかる魔人王直属の十戒。
登場当時の七つの大罪やメリオダスなどを圧倒するほどの闘級と強さを持ち、魔神王から戒禁という能力を授かっているという最強の敵です。

その十戒のメンバーの一人一人の能力・闘級・戒禁・魔力などをまとめてください。

Sponsored Links

十戒のメンバー

ゼルドリス

1120_3

闘級:61000
戒禁:敬神

「敬神」の能力は魔神王への代理への背信とされ、強制的に服従させることができます。
メリオダスはこのゼリドリス「敬神」の戒禁にかかっていました。

大喧嘩祭り後にメリオダスと戦いますが、当時の闘級32500のメリオダスの攻撃に対して顔色一つ変えず左腕を切断したり、対応していました。


十戒の中では一番強さの底が知れない存在のような気がします。


ゼルドリスはメリオダスの弟でもあり、十戒のエスタロッサの弟でもあります。


エスタロッサ

1120_4

闘級:60000
戒禁:慈愛



エスタロッサの能力の全反撃(フルカウンター)

これはメリオダスと同じ能力です。

メリオダスの全反撃は魔力に対して有効でしたが、エスタロッサの全反撃は物理攻撃に対して有効です。


ちなみにメリオダスのリベンジカウンタを無効化したり(カウンターバニッシュ?)する能力もあるようなので、兄妹であるメリオダスとエスタロッサとゼリドリスは同じ能力を持っているのかもしれません。


戒禁の「慈愛」は憎悪を抱くものに対して発動され、人を傷付けることが出来なくなります。


エスタロッサといえば、エスカノールとの戦いが思い出されますね。
この時にエスタロッサは魔神の能力を使い、全力を見せましたが、エスカノールに敗北しました。

ただエスタロッサは生きていると思います。
エスカノールと再戦しそうですね。


エスタロッサもメリオダスの弟で、裏切ったメリオダスに対して執着心を抱いています。


ゴウセル

1120_20

闘級:3100
戒禁:無欲



七つの大罪のメンバーにして、十戒の一人でもあるゴウセル。
戒禁の能力はまだ明かされていません。


実はゴウセルの姿は人形。
3000年前の聖戦で正体が明かされました。


魔力は侵入(インベイション)

記憶などを操作することができる神経系の能力。


⇒ゴウセルの正体は十戒で人形?本体がついに登場!

⇒ゴウセルの過去と罪とは?ナージャとの関係を紹介


ガラン

1120_6

闘級:26000
戒禁:真実



ガランはなんといっても初登場が衝撃的でした。
七つの大罪でも3000〜4000ほどだった闘級でしたが


ガランの闘級は26000!


ガランの持つ臨界突破(クリティカルオーバー)は魔力を武力に変換することができる能力で、極限まで変換された時の闘級は


40000


にもなります。


戒禁の「真実」は偽りを口にしたものを石化してしまいます。


七つの大罪とは初登場時はメリオダスを完膚なきまでに倒し、その後力の戻ったメリオダス(この時32500)にボコボコにやられてしまいます。

最後にガランはエスカノールと戦いますが、ガラン自身がエスカノールとの対戦の中、逃げないという約束を破ってしまったことで石化してしまいます。


メラスキュラ

1120_7

闘級:34000
戒禁:信仰



獄門(ヘンゲート)の能力で人の魂を抜き取ることができます。
また怨反魂の法を用いて人の憎悪を増幅させることでその人を蘇生させることが可能です。

その能力によって


バンの恋人でキングの妹でもあるエレインが蘇りました。


七つの大罪とはエスカノールとバンと戦いました。

最後は大喧嘩祭りで絶気配(ゼロサイン)の能力で近づいたバンに倒されました。


「信仰」の戒禁は彼女の前で不信を抱いたものは目を焼かれてしまう能力です。


グレイロード

1120_8

闘級:39000
戒禁:不殺



呪縛怨鎖の能力を受けた人々は逃げた人間が一定以上離れると強制的に呪いをかけられた場所に戻ってきてしまう能力です。
これにより、逃走することが不可能となります。


これまで表立った活躍はなかったグレイロードですが、その正体が明かされると同時にマーリンに倒されてしまいました。


戒禁の「不殺」はこの能力の前で殺生を行った人物は一瞬で老衰して死んでしまう。


Sponsored Links

モンスピート

1120_9

闘級:53000
戒禁:沈黙



モンスピートの魔力の遊撃星(トリックスター)の能力の正体はまだ明かされていません。
能力同様で戒禁である沈黙についてもいまだ能力が分かっていません。


戦闘もそれほど行なっていないため、


十戒の中でまだ底の知れないメンバーの一人ですね。


デリエルの略語を理解することができるようで、彼女と一緒に行動することが多いようです。


ドロール

1120_11

闘級は54000
戒禁:忍耐



ドロールは巨人族の始祖


とも言われています。

かつてはメリオダスと一緒に魔神族と戦っていましたが、現在は魔神族としてメリオダスと対立しています。


能力の大地(グラウンド)は巨人族の能力ですが、それよりもさらに強い力を持ち、巨大な迷路を一夜のうちに出現させました。
相手の感情を読むことができる魔眼という能力を持っています。


妖精族の森でキングとディアンヌの前にグロキシニアと突如現れて、二人に修行をつけることになりました。


敵であるキングとディアンヌを鍛えるということは実は味方ということもありえますね。


グロキシニア

1120_12

闘級:50000
戒禁:安息



グロキシニアは初代妖精王


そして妖精王から魔神族になった理由は信じていたものに裏切られたことがきっかけだったようですが、ドロールとグロキシニアは現在キングとディアンヌに修行をつけているので、何かしら意図があって魔神族側にいったと思われます。

今後二人にどんなことがあったのか明らかにされると思います。


初代妖精王であるグロキシニアはキングと同じように武器である霊槍バスキアスを変化させて戦います。


第一形態「霊槍」
第五形態「神樹の鎧(ユグドラアーマー)」
第七形態「月の華(ムーンローズ)」
第九形態「死荊(デスソーン)」



が現在分かっている形態です。


また命の雫という能力もあり、妖精の森にある命の泉と同じ効果を持っています。
戒禁の安息についてはその能力が分かっていません。


デリエリ

1120_13

闘級:52000
戒禁:純潔



「ケツから言って」


というのが口癖で言葉数が少ないため、彼女とまともに話すことができるのは同じメンバーであるモンスピートだけです。

彼女の能力である連撃星(コンボスター)は相手に打撃を与えれば与えたほどその連撃回数に応じて威力が上がっていくというものです。


メリオダスと2回交戦しており、一度目は連撃星でメリオダスの両腕を破壊しましたが、二度目の対戦では軽くいなされ敗北しました。
現在生存は不明です。
生きているとは思いますが。

彼女に与えられた純潔の戒禁についてはまだ能力が明かされていません。


フラウドリン(代理)

1120_5

闘級:31000
戒禁:なし



フラウドリンはかつて十戒であったゴウセルの代わりに十戒のメンバーに入っているので戒禁はありません。

フラウドリンはドレファスの身体を乗っ取り、


ヘンドリクセンを裏で操っていた黒幕的な存在


そして


メリオダスの恋人であったリズを手にかけた張本人!


後にザラトラスの能力によってドレファスからフラウドリンを引きずり出されました。


当初は十戒のリーダー的な存在のような感じでしたが、最後はメリオダスによってあっけなく倒されました。


戒禁は持っていませんが、巨大化(フルサイズ)の能力を持っています。


元十戒のメンバー

カルマディオス

1120_21

闘級:?
戒禁:背信



3000年前の聖戦時は十戒のメンバーだった。
戒禁の「背信」はカルマディオスから逃げると何か能力が発動する。

現代の十戒にカルマディオスがいないため、過去にメリオダスが仕留めた十戒の一人と思われる。


さいごに

十戒の能力についてはまだ判明していないものが多く、これからの物語に大きく絡んでいくことを考えるとどんな能力なのか想像するのも面白いなと思います。


ちなみに現在七つの大罪側で十戒とまともに戦うことができるのはメリオダスとエスカノールのみ。

今後七つの大罪が力をつけることが予想されますが、十戒の中でガランとメラスキュラとフラウドリンはすでに倒されています。


残りの十戒は7人。
ただドロールとグロキシニアには敵とは言い難い。
そうなると残りの十戒は5人しかいません。

現在いる十戒との戦い後に何かありそうな気もしますね。

Sponsored Links
■ オススメ記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ