【ワンピース】ナミの過去とは?育ての親のベルメールやノジコとの関係を紹介

ワンピースでナミはルフィの4人目の仲間。
一度はルフィたちを裏切る形になってしまったナミですが、ナミには壮絶な過去がありまいた。

幼少期に自身の育ての親であるベルメールを目の前でうしなったナミはある目的のためにアーロン一味に加入していました。
ナミの幼少期に経験した過去はどうのようなものだったのでしょうか?

今回はナミの過去と育ての親のベルメール・姉のノジコとの関係などについてみていきましょう。

Sponsored Links

ナミの過去

ナミのノジコとベルメールとの出会い

ナミの出身地は東の海のオイコット王国
オイコット王国は戦争により滅ぼされてしまいます。

戦争孤児として赤ん坊だったナミを拾ったのは3歳のノジコ。


海兵だったベルメールは瀕死の重傷を負っており、死を覚悟するが、ナミの屈託のない笑顔を見て思いなおす。
ナミとノジコをココヤシ村に連れてきたベルメール。




重傷のベルメールと嵐と熱で衰弱していたナミとノジコでしたが、三人はなんとか一命をとりとめます。

そしてベルメールはナミとノジコの自分の娘にすることを決意する。
子供の頃から悪ガキとして知られていたベルメールが親になることを周囲は大反対。

しかしベルメールはナミとノジコがこんな時代でも立派な人間になれるように育てると決めた。


ナミとノジコの育ての親のベルメール

ベルメールがナミとノジコの養母となって10年後・・・
ミカン畑の仕事をしながら、ベルメールはナミとノジコを育てていました。

貧乏ながらもベルメールから愛情を受けて、ナミとノジコは元気に育っていた。


ある日ナミは血のつながりのことでベルメールと喧嘩。
ベルメールはナミの頬を思いきり叩いて、ナミは家を出て行ってしまう。

自分たちがいない方がベルメールは幸せなのではないか?
と考えるナミにゲンゾウはベルメールとナミたちの出会いの経緯を話した。

ゲンゾウからは血より深い絆があると聞かされたナミ。


ノジコが迎えに来て、一緒にベルメールの待つ家に帰ろうとする。

そんなときココヤシ村に海賊のアーロン一味が襲来する。


アーロン一味がココヤシ村に襲来

アーロン一味はココヤシ村を支配。
ココヤシ村の人々に大人一人10万ベリ・子供一人5万ベリーの奉納金を要求する。
もし払えない場合はアーロン一味に殺される・・・


村人は高額な金の要求ながらも支払い、なんとか難を逃れます。
貧しかったベルメールにはナミとノジコを合わせた20万ベリーを支払う金がありませんでした。

しかしナミとノジコは戦争孤児でベルメールに拾われた子供。
村の名簿にベルメールと二人の関係は記載されていませんでした。

ベルメールは一人身として扱われ、10万ベリーを払う。


アーロンはその場を後にしようとしますが

Sponsored Links

ベルメールは10万ベリーはナミとノジコのもので子供がいることをとを明かしてしまいます。

「口先だけでも親になりたい あいつら私の子でしょ・・・?」




ベルメールはナミとノジコと血のつながりがないことに負い目を感じていました。

それを見ていたナミとノジコは泣きながら、ベルメールの元へと駆け寄ります。
ベルメールはナミとノジコを力いっぱい抱きしめます。

ベルメールの最後

本来であれば、家族三人で20万ベリー支払わなければならない。
ナミとノジコの分しか払っていないため、アーロンは見せしめのためにベルメールを殺そうとする。

ベルメールは覚悟を決め、ナミとノジコに

「大好き」




と最後に伝え、ナミとノジコの前でアーロンに射殺された・・・。


ナミがアーロン一味に加入する

アーロンはナミの測量士としての才能に目を付け、アーロン一味に連れて行かれしまいます。
アーロンの支配とナミを連れて行かれたことに我慢の限界が来た村人たちはアーロン一味と戦うことを決意!

しかしナミはココヤシ村の人々が犠牲になることを恐れ、アーロン一味に加入して、海図を書くことを村の人々に伝えに来ます。


ベルメールの命を奪ったアーロン一味に入ることを咎められるナミ。

このときナミはアーロンとある契約をしていました。

それは・・・

海図を書く代わりに一億ベリーたまったら、そのお金でココヤシ村を解放する

その後ノジコにだけ本当のことを話したナミ。
ココヤシ村の人々はナミの真意を理解し、一億ベリーが貯まるまで見守ることを決めます。

そしてナミは一億ベリーを貯めるために海賊相手に泥棒を働くようになりました。


8年後・・・18歳となったナミはルフィたちと出会います。


さいごに

今回はワンピースでナミの過去とベルメールやノジコとの関係を紹介しました。
ナミの過去がわかるアーロンパーク編は麦わらの一味の過去の中でも屈指の泣けるストーリーだと思います。

ベルメールさんは亡くした後、たった一人で8年間も戦い続けて来たナミ。
そのナミを見守るノジコやゲンゾウをはじめとしたココヤシ村の村人たち。

アーロンパーク編はナミの過去がわかり、アーロンがルフィに敗北したことで、ココヤシ村は解放されて、ナミが晴れて麦わらの一味の仲間に加わった重要なストーリーです。
せひ一度チェックしてみてください。

Sponsored Links

■ オススメ記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ