もののけ姫のあらすじをネタバレ!その結末を紹介

もののけ姫 あらすじ ネタバレ

大人から子どもまで大人気のスタジオジブリ作品。

その中でも人気が高いもののけ姫。
1997年に公開され、当時の日本映画の興行記録を塗り替えました。

宮崎監督が構想16年、制作に3年をかけた大作であり、作品の至るところにそのこだわりを見ることができます。

今回はそんな「もののけ姫」のあらすじをネタバレ〜結末までをご紹介します。
※この記事はあらすじ、結末をネタバレしています。

Sponsored Links

もののけ姫のあらすじ

かつて大和朝廷からの支配に抵抗し、
山奥へと追われた人々が暮らすエミシの村。

その村を突如タタリ神が襲い


村の少年アシタカは撃退する代わりに右腕に呪いを受けてしまいます。


タタリ神の正体は西の地で鉄のつぶてを打ち込まれ、人を憎むようになった巨大なイノシシ。

やがて死に至る呪いを受けて、アシタカは掟に従い村を出て、タタリ神がやってきた西の地を目指します。


出立の朝、誰にも見られないよう発とうとするアシタカを許嫁の娘カヤが見送ります。

村の人に見つかれば、罰を受けてしまうのも構わず、カヤはアシタカを想い続ける旨を告げ、自身の身代わりとして小さな短刀をアシタカへ託すのでした。


旅の途中でアシタカはジコ坊と名乗る謎めいた僧侶に出会います。

アシタカの旅の理由を聞いたジコ坊はシシ神の森の存在を彼に告げるのです。


呪いを解く鍵がシシ神の森にあると感じたアシタカは、シシ神の森を目指しますが、途中川辺で大きな白い山犬と一緒にいる少女を見つけます。


388_3


彼女こそ


山犬に育てられたもののけ姫のサンだったのです。


名乗りを上げたアシタカを無視して森へ戻るサン。

その後アシタカは、大怪我を負った人足の男たちを発見します。

彼らは山犬たちに襲われたタタラ場の男衆であると告げるのです。


怪我を負った男達を担ぎ、タタラ場を目指すアシタカ。

途中、森の中でコダマと呼ばれる精霊達に導かれ無事アシタカはタタラ場へ到着するのでした。


本来のタタラ場とは違い、女達がタタラを踏んでいるこの場所。


このタタラ場を仕切る女性が、イノシシへ鉄のつぶてを打ち込んだ張本人エボシ御前であることが判明します。


エボシ御前は戦で売られた女達を保護し、鉄を作らせ、石火矢を開発していました。

製鉄のため山を削ることから、山犬を始めとする森の生き物たちから疎まれているタタラ場。

しかしエボシ御前はそんなことを気にする素振りもなく、さらなる石火矢の改良を進めていました。


そんな中、エボシ御前の命をとろうと山犬と共にタタラ場へ乗り込んできたサン。


もののけ姫 サン エボシ


エボシ御前の反撃に遭い気絶してしまいますが、アシタカがそれを救います。

少女を連れてタタラ場を去ると告げるアシタカ。
しかしそんなアシタカも石火矢に撃たれてしまうのです。


タタリ神の呪いによって、撃たれた後も歩き続けるアシタカでしたが、サンを山犬に明け渡した後に気を失ってしまいます。

意識を取り戻したサンはアシタカを乗せて、シシ神の森へ向かうのでした。


シシ神は生命の奪取と授与を行う山の神。

Sponsored Links

夜の間はディダラボッチとして大きな姿で徘徊し、森を育てています。


そしてシシ神の森に連れてこられたアシタカはシシ神によって、呪いは解かれないものの石火矢による傷は癒え、命をつなぎ止めるのでした。


388_5


「シシ神様が助けたから、お前を救う」


とアシタカの面倒を見るサン。

アシタカも少女や山犬と共に生活し、タタラ場がいかに山や生命を奪っているか現実を目の当たりにします。


一方その頃タタラ場では不老不死の力を持つと言われるシシ神の首を取ろうとする動きが謎の集団「唐傘連」によってもたらされていました。

この唐傘連の棟梁はなんとジコ坊!


エボシ御前と共にシシ神殺しを計画します。


シシ神を殺そうと山へ向かうエボシ御前とジコ坊。

そんなエボシ御前に人間との最終戦争を行おうとする、乙事主を始めとするイノシシの大集団。

エボシ御前の留守を狙い、タタラ場を狙う侍達。


こうして敵味方入り乱れる戦が始まりますが


サンとアシタカはなんとかして神殺しをやめさせようと奔走します。


乙事主が傷を負ってタタリ神になることを防ぐため
サンはイノシシの大群と共に。


シシ神殺しを止めるため
アシタカはエボシ御前の元へ。


アシタカの制止も聞かず、とうとうエボシ御前はシシ神の首を獲得してしまうのです。


その途端、不気味な液体が吹き出し、その液体に触れた物は死に、森の植物は枯れ果ててしまいます。
大量の液体は洪水のように流れ出し、タタラ場も壊滅。アシタカよりあらかじめ警告を受けていたタタラ場の人々は、間一髪で命からがら逃げ出します。


傷を受けてタタリ神へ変貌しようとする乙事主、森が死んでしまったと人間への憎しみを募らせるサン。
しかしアシタカはまだ諦めてはいけないとサンを励ますのでした。


388_6


※以下ではものの姫の結末をネタバレしていますので、注意してください。


もののけ姫の結末

アシタカの励ましにより、2人でシシ神へ首を返すことにしたサン。

2人はエボシ御前から取り戻した首を、死の液体を浴びながらもシシ神へ返すことに成功します。


しかしその瞬間に朝日を浴びてディダラボッチとなったシシ神は森に倒れ、消えてしまうのです。

シシ神消滅と共に風が吹き抜け、その後の森には僅かながら緑が芽生えているのでした。

戦いにより片腕を失くしたエボシ御前は、生き残ったタタラ場の人々とともに村の再建を誓います。


死の液体を浴びながらも、生き残ったサンとアシタカ。
アシタカの右腕の呪いも消え、彼は


「生きろということなのか」


と理解します。


サンは


「アシタカは好きだが、人間は好きになれない」


と素直に気持ちを伝えます。


アシタカも


「それで構わない。サンは森で、私はタタラ場で暮らそう。会いに行くよ」


と共存していく決意を新たにするのです。


惹かれあう2人は、お互い山犬とヤックルに乗ってそれぞれの暮らす地へ向かうのでした。


まとめ

今回はネタバレを含むあらすじの紹介をさせていただきましたが、正直これだけではなかなかこの作品の深さをお伝えしきれないのが心情です。


憎み合うもの、相容れないもの。そんなものとの共存は、現代にとても通じるテーマだと思います。

皆さんもぜひ、作品本編をご覧になっていただきたいと思います。

Sponsored Links
■ オススメ記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ