ワンピースでモンドールの強さと懸賞金を紹介!能力はブクブクの実?

ワンピース モンドール 能力

ビッグマム海賊団でビッグマムの19男のモンドール!
ホールケーキアイランドでモンドールはかなり重要なポジションを担っています。

図書館・囚人図書館などはモンドールなしでは成立しません。

そのためビッグマム海賊団の中でモンドールは他の兄妹とは一味違うと思ってもいいのかもしれません。

今回はそのモンドールの強さや能力についてみていきたましょう!

Sponsored Links

モンドールはシャーロット家の兄妹でリーダー?

ワンピースの855話で麦わらの一味の現在について、家族会議を行なっていました。


2337_2


この時に家族会議を仕切っていたのが、モンドール!

何人かまだ登場していないシャーロット家の兄妹いますね。


その会議の中でオペラは


ジンベエに倒されて
ルフィとナミの逃亡
図書館の封印の解放



これらの失態を犯していましたが、ビッグマムに寿命を抜かれるのを危惧して報告はしませんでした。

しかしモンドールはこのオペラの言動を不審に思うなど洞察力や観察眼に優れているようなので現時点のビッグマムの子ども達の中ではリーダー的な存在だと言えそうです。

発言権は持っていそうですね。


モンドールの悪魔の実の能力と強さは?

モンドールは悪魔の実の能力者!
悪魔の実の名前はまだ出てきていませんが、能力については徐々に明らかになってきています。

その能力から悪魔の実の名前は予想することはできます。

悪魔の実は・・・


ブクブクの実?


の可能性が非常に高いと思われます。


そしてモンドールの能力のブクブクの実は


本を操る能力


です。


これまでモンドールの能力でわかることは

本の中に閉じ込める能力を使ってホールケーキアイランドにある


めずらしい生物を閉じ込めた図書館
囚人を本の中に閉じ込めた囚人図書館



をホールケーキアイランドの中に作っています。

ルフィとナミが拘束されたのが囚人図書館でした。

2337_4


この本の中の世界を作り上げているモンドールはビッグマム海賊団の中で極めて重要な人物だと言えそうです。


ルフィはこの囚人図書館に投獄される前にモンドールと戦っています。

Sponsored Links

その時にモンドールの能力で本の世界に引きずり込まれ敗北しました。
※クラッカーと1日中戦った後ではありましたが。


この能力はルフィなど肉弾戦で戦うタイプとまた違った強さがありますね。

ルフィやゾロなど直接戦闘が得意なメンバーには相性は最悪っぽいですね。
ルフィも一度は捕まってしまいましたし。

そしてモンドールの強さはルフィとの戦闘で完全にわかったかというとまだまだ全ての力を発揮してわけではありません。


ただその強さにも一点弱点があるようです。


その弱点とは・・・


ジンベエは囚人図書館に拘束されているルフィとナミを燃やすことで、モンドールの能力から解放させることに成功しました。

ちなみにルフィが力づくで囚人図書館から出られなかったことを考えると内部からは脱出不可能なのかもしれません。
図書館には様々な動物が本の中に封印されていますし。


またブクブクの実の能力は


本に乗ることで空を飛ぶこともできるようです。


ビッグマムは珍獣コレクターのため、モンドールの能力を気に入っているようですね。


モンドールの懸賞金は?

ビッグマム海賊団の中で3将星以外で懸賞金が判明している人物は


タマゴ男爵 4億2900万ベリー
ペコムズ 3億3000万ベリー
始末屋ボビン 1億550万ベリー



さすがに3将星より懸賞金が上ということはないと思いますが、あの兄妹達を相手にリーダーシップを取っているため


5億ベリー位はあってほしいですね!


ただもしかしたらモンドールは今回の麦わらの一味がいる間に懸賞金は明かされないという可能性もありますね。



モンドールはこれまでの言動を見る限り、3将星を除くとビッグマム海賊団の中で主力だと思われます。

今後は戦闘でも絡んでその能力の真の強さを発揮するのか楽しみですね。

⇒ビックマム海賊団の幹部の悪魔の実や懸賞金一覧!

Sponsored Links

ワンピースの最新の85巻が無料でみれる!

ワンピースは現在85巻までコミックが出ていますが

最新巻を無料で見たい!

と思う方は当然多いと思います。


そんなあなたに朗報です!

ワンピースの最新巻の85巻を無料で見る方法があります!


ワンピースの85巻を0円で見る方法を知りたい方は

こちらをクリック!


ワンピースが大好きな方はぜひチェックしてくださいね♪

■ オススメ記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ