君の名は。で三葉と瀧のその後!ラストに記憶が戻り結婚したのか?

君の名は。 三葉 瀧 その後 

今話題の大ヒット作「君の名は。」
映画を見たカップルが結婚をしたくなったという話がSNSで一時話題となりました。

アニメでわかりやすいですし、何より感動的で話題性がありますから君の名は。をカップルで見に行った人たちも多いのではないでしょうか。

そして物語をみて、三葉と瀧がその後どうなったのか?
をみていきたいと思います。

ネタバレを含みますので映画鑑賞後にお楽しみいただければと思います。

Sponsored Links

君の名は。のラストはどうなったのか?

君の名は。の物語のラストを簡単に言ってしまうと


三葉と瀧は再会します。


その再会のしかたも感動的といえます。


入れ替わりによって彗星落下の危機を回避した二人は入れ替わりの時の記憶をなくしてしまいます。

名前も顔も入れ替わりがあったことも覚えていない二人ですが、心のどこかに大切な人がいたという想いが残っているのか、ずっと誰かを探しているような感覚を二人とも持っています。


そして月日は流れ、数年後社会人となった二人。

心の穴は埋まることはなく、ずっと大切な誰かを探し続けています。

それが誰なのかどんな人なのかもわからないまま。
そんな二人が再び巡りあい、尋ねます。


「君の名前は・・・?」


ここで物語が終わります。
終わってしまうんです!


お互いの顔を見てなにか惹かれるものがあったのでしょう。

けれど名前も顔もあやふやな大切な人なわけですから覚えていないはずなのに声をかけるということは感動的なラストと言えると思います。


記憶がなくても惹かれ合うほどの大切な人と再び巡り会うわけですから、カップルにも評価が高い理由がわかります。

タイトルも入れ替わりのことを指しているのかと思いきや最後のセリフと合わせているのもなるほど!
と分かりやすくていいところだと思います。


深いところまで考えなければ絶対に感動した!
で終われる作品です。

三葉と瀧が再会出来てよかった!
との意見も多いようで、そこが普通のSFラブストーリーとは違うところかもしれませんね。


タイムトラベル物で恋愛物になると巡り合うことができない話が多いので、巡り合うことができるラストというのも人気の理由の一つかもしれません。


この二人を見ていれば結婚したい!
という思いになるのもわかる気がします。

Sponsored Links

大切な人と見るからこそ、そう思うのかもしれませんね。


君のはで三葉と瀧のその後結婚したのか?

二人が再会した場面で終わってしまうので


二人が記憶を取り戻したのか
付き合うことになるのか



そういった部分は全く出てきません。


あくまでも個人的な意見としては


三葉と瀧は結婚すると思います!


心のどこかでずっと探していた相手と巡り合う事ができたのなら結婚してもおかしくはないですよね。

最もお互いのことを覚えていないわけですからお互いのことを知ることからのスタートという形にはなりますが、お互いのことを知っていくうえで記憶を取り戻す可能性もあるかもしれません。


もし記憶が戻ったら、それはもう運命なんて一言では語れないほどの関係です。

特に三葉は瀧のおかげで生きていられるわけですから、記憶を取り戻したとしたらより一層大切な相手だと認識できるのではないでしょうか。

たとえ記憶を取り戻さなくてもお互いに大切にしあえる相手と巡り会えたと考えれば幸せになれると思います。


三葉と瀧のラストは感動的で、だからこそ、その後二人が結婚していてほしいと思う部分もあります。

再会出来たこともそうですし、記憶がないのに二人ともどこか引っかかるという部分も素敵だと思います。
君の名は。はただの青春ストーリーで終わらないところが魅力といえるでしょう。


2016年が現在として描かれているのでその後、数年たって三葉と瀧が社会人になって再び巡り合い付き合うことになり、結婚することになるという君の名は。の続編が作られてもいいかもしれませんね。

そうすればまた人気が続くこと間違いないです!
自分たちでその先を考えるのも面白いですけど

君の名は。の続編・・・やっぱり観たいです!

Sponsored Links

君の名は。を無料で見る方法

2016〜2017年に話題になった「君の名は。」
その「君の名は。」の映像がついに解禁されました!


現在期間限定ではありますが

君の名は。を無料で見る方法があります!


かかる費用は0円!!
一度試してみませんか?

⇒君の名は。を無料で観る!


君の名は。を映画館で観た人もまだ観ていない人も今がチャンスなのでぜひチェックしてくださいね。

■ オススメ記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ