君の名は。の奥寺先輩の結婚や指輪の謎を考察!司がお相手?

君の名は。 奥寺先輩 結婚

物語を彩る人物たちも魅力的な「君の名は。」
主人公の三葉と瀧以外にも魅力的なキャラクターたちが登場します。

その中でも長澤まさみさんが演じている美人で大人っぽいバイトの先輩である奥寺ミキが気になったという人も多いのではないでしょうか。

今回はその奥寺先輩の指輪の相手や気になる部分をまとめていきたいと思います。

Sponsored Links

奥寺先輩は瀧が好きだった?

もともと瀧は奥寺先輩に恋をしていました。
その奥寺先輩は瀧が自分を好きだということをおそらく気付いてはいました。

しかし同時に瀧が三葉が気になっていることも奥寺先輩は気付いていたと思います。
※奥寺先輩は三葉を全く知りません。


真っ先に瀧が恋をしていると気づいたのは瀧のことを見ていたから!

もちろん瀧は三葉と仲良くなっていく前は奥寺先輩のことを意識していました。


ただその後瀧は三葉との出会いをきっかけに


奥寺先輩への思いは恋ではなく憧れ


であると気付いたのではないかと思います。


自分に好意を持っていたはずの男の子が違う相手のことを気にしていると知ったら気になってしまうのも無理はないかもしれません。

だからこそ瀧の三葉を探す旅に付いていったのだと思います。


実際飛騨に行った時に奥寺先輩は瀧のことを好きだと司に打ち明けています。
本人には言っていませんが。

瀧が誰を?何を?気になっているのか?

を気にしていましたので、奥寺先輩も瀧を本当に好きだったと思いますが、その時もう瀧の気持ちは三葉にあったことをいち早くわかっていたのかもしれませんね。


奥寺先輩は誰と結婚するのか?

数年後、再会した奥寺先輩の


指には婚約指輪が光っていました!


もちろん結婚相手は瀧以外の人間です。

「瀧くんも幸せになってね」



という言葉を残して去ってしまうので結婚相手が定かではありません。


基本的に君の名は。の登場人物は少ないので、物語で出てきていない人と結婚する可能性が一番高いとは思います。

Sponsored Links

瀧に会いに行ったのは奥寺先輩が今も瀧のことを気になっている?
と思わせるような空気感は漂っていました。


未練がなければ結婚前に会いに行ったりしないと思います。


マリッジブルーで昔の知り合いに会いたくなっただけなのか?
結婚の通知が来て昔好きだった瀧に会いたいと思ったのか?


それはわかりませんけどね。


いずれにしろ二人の再会を考えるとその背景に奥寺先輩の結婚があるのは間違いないと思います。
そんな奥寺先輩の結婚相手はもしかしたらこの人かもしれません。


奥寺先輩の指輪は司にもらったのか?

奥寺先輩が結婚する相手は司ではないか?


と噂されています。


司は瀧の学校の友達として飛騨にも同行していました。


三葉探しの旅の途中、司とずっと妙に仲良くしていました。

瀧の気を惹くため?
というのもあったんですかね。

ただすでに瀧の気持ちは三葉にしかなく、その作戦も奥寺先輩の想いも届きませんでした。


そんな奥寺先輩の本音を聞いたのが司でした。

恋に破れた大人の女性を年下ながらも優しく支えたのかも知れませんよね。


それがいつしか二人の間に愛を芽生えさせて結婚へと向かったのかも知れません。

そうだとしたら素敵だなと思いますが、はっきりと司であると断言はできません!


ただ実は奥寺先輩に会う前に瀧と会っていた司の指には指輪がしてありました。

だからこそ司が奥寺先輩の結婚相手なのではと言われています。


ただ司はこの時、まだ就職活動中です。

このタイミングで結婚するかな?

とも思いますが。


基本的にはモテる奥寺先輩が司との結婚を選んだとしたらそれだけ司には包容力があるのだろうなと思います。友達思いのいい奴でもあるとは思うので、もしかしたらお似合いのカップルなんかもしれませんね。


奥寺先輩はただの先輩としてだけでなく、物語の中に恋という確実に必要なものを持ってきてくれる大切な存在でした。

瀧には振られてしまいますが、彼女には幸せになって欲しいと思います。

その相手が司だとしたらこの物語の中にさらにいろいろな色がついていくなと感じました。
みんなが幸せになればいいと思います。

Sponsored Links

君の名は。を無料で見る方法

2016〜2017年に話題になった「君の名は。」
その「君の名は。」の映像がついに解禁されました!


現在期間限定ではありますが

君の名は。を無料で見る方法があります!


かかる費用は0円!!
一度試してみませんか?

⇒君の名は。を無料で観る!


君の名は。を映画館で観た人もまだ観ていない人も今がチャンスなのでぜひチェックしてくださいね。

■ オススメ記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ