ドラえもんの怖い都市伝説!独裁スイッチやタレントなどを紹介

ドラえもん 都市伝説

ドラえもんは長期期間に渡り、連載・放送されている作品です。
そのため中には怖い話や都市伝説も存在します。

今回はその実際に放送された怖い回や都市伝説を紹介します。

Sponsored Links

ドラえもんの都市伝説


タレント

ある雨の日び太はドラえもんに


「地下世界にあると言われる商店街へ行きたい」


頼みます。


そんなのび太の頼みを聞いたドラえもんは通り抜けフープのような道具を使って二人で未知である地下世界の商店街へ向かいます。


たどり着いた地底は想像より明るくとてもまぶしい加工された部屋だった。


そんなのび太とドラえもんの所にベレー帽をかぶった女の子が登場します。


その女の子は


赤い封筒
インクの瓶
鉛筆



これらを二人に渡して、ふと見るといたはずの女の子が消えていました。


その女の子を追う二人でしたが、なぜか途中で撮影に来たのなら、撮影場所はあちらと異なる場所に誘導されてしまう。

ドラえもんとのび太は案内された通路を歩いて行く。
そこには木琴のような板が並べられていた。

そして着いた先には大きな地球の形をしたミニチュアがありました。


その地球の形をしたミニュチュアは突然真っ二つに割れ、黒い血のような液体が溢れ出してきます。

のび太とドラえもんは恐怖と驚きで抱き合います。


-ここで物語は終了-


行かなきゃ

「行かなきゃ」とはドラえもんの生みの親の藤子・F・不二雄先生が亡くなった日の深夜に放映されたドラえもんのアニメストーリーとされています。

その日ドラえもんの放送予定はありませんでした。
それもそのはず時間は深夜です。


それにもかかわらずドラえもんが急に始まります。

そこに映し出されたのはのび太の後ろ姿だけ。
他の登場人物もなく、誰のセリフもありません。
のび太がただひたすら歩く映像が流れます。


オープニング
タイトルコール
BGM
音声



などが全く存在しません。


いきなり本編がスタートします。


その状態が続くこと10分。

後ろ姿だったのび太が振り返り、見ている人達に向けて


「もう行かなきゃ」


という言葉を残して画面は暗くなり終了となります。

このときののび太の声はいつもの声優さんではなく


藤子・F・不二雄先生の声だった


という内容です。


のび太植物人間

ある日ドラえもんは未来へ帰ろうと荷物をまとめていました。
それはみつけたのび太はもちろんその理由を問いただします。


ドラえもんはその理由を


未来への渡航者のマナーの悪さが原因で時空法が改正されることになった。
その時空法改正により


ドラえもんはこの時代にいることができなくなった。


とのび太に説明しました。


納得できないのび太はドラえもんを未来に帰らせないようにしようとします。

しかしドラえもんはのび太の静止を振り切り、未来へ帰ってしまいます。

Sponsored Links

目に涙をいっぱい浮かべて・・・


ドラえもんがいなくなった部屋でのび太は「ドラえもーん!」と泣き叫びます。


【そして場面は変わり・・・】

そこは病院の一室。
ベッドに一人の男の子が横たわっています。

なんとその男の子とはのび太!

その横にはのび太にやさしく語りかけるママの姿がありました。

「のびちゃんが事故に遭ってから半年経つわね。今日は悲しい夢でも見ているのかしら。お願いだから早く目を覚まして、お願い・・・」



ドラえもんのいる世界と物語・・・


それは交通事故によって植物状態になったのび太の夢だったのです


バラバラボタン

のび太が家に帰ってくると

「ドラえも〜ん!」

という声が。


いつものようにジャイアンにいじめられ、泣き付かれたドラえもんが出した道具は


「バラバラボタン」


バラバラボタンとは自分と相手の体の一部を交換できるという道具。

ジャイアンの前に現れたのび太はジャイアンとのび太の腕を交換し、ジャイアンにケンカで勝ちます。


のび太はそれだけで飽き足らず、次々と自分の体の一部を交換していきます。

そして最後にかけっこで一番になるために、のび太の足と犬の足を交換します。

交換したかいあり、かけっこで一番に!


しかしそののび太の姿を見た人たちは気味悪がります。


そんなのび太に向かってドラえもんが一言


「なんでも自分に都合がいいってのは時に不都合だろう?」


放送された都市伝説っぽい怖い話


独裁スイッチ

ジャイアンにいじめられたのび太がいつものようにドラえもんに泣きつきます。

ドラえもんは四次元ポケットから


「独裁スイッチ」


を取り出します。


この独裁スイッチは人間を消すことができるひみつ道具。

のび太は独裁スイッチを使ってまずはジャイアンを実際に消してしまいました。


するとジャイアンが消えただけでなく、世界中の人間の記憶からジャイアンが消えてしまったのです。

この道具の恐ろしい力、それは


消された人間は元から世界に存在していなかったことになる


という道具だったのです。


さらにのび太は


ジャイアン
しずかちゃん
 ・
 ・
 ・
と自分の気に入らない人間をどんどん消してしまいます。
※しずかちゃんには振られたため


しかし気付くと回りの人間はすべて消えていなくなっていました。

その状況が寂しくなり、泣いていた時にドラえもんが


「独裁者ってやつは寂しいものだろう?」


まとめ

意外と怖いドラえもん都市伝説。
中にはありえそう!

というのもいろいろありましたよね。


特に

行かなきゃ
のび太植物人間説

この二つは本当にありそうです。


逆にタレントはストーリーとして成り立っていないような感じですね。


ちなみに独裁スイッチに関しては実際に放送されています。


その他にもまだまだドラえもんの都市伝説のような怖いエピソードの話があると思います。

見つけ次第また追加していきますね。

Sponsored Links
■ オススメ記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ