紅の豚でポルコの人間の頃の素顔は?魔法で豚になった理由

紅の豚 ポルコ 素顔

ジブリ作品で昔の作品でもいまだ人気の衰えない紅の豚。

「飛ばねぇ豚はただの豚だ」

というセリフを言ったことで有名なポルコですが

なぜ豚になってしまったのか?
人間の頃はどんな素顔をしていたのでしょうか?

紅の豚のポルコについていくつかの疑問をまとめてみました。

Sponsored Links

ポルコは元人間だった?

紅の豚の主人公であるポルコロッソ。
彼は豚の姿ながらトップクラスの腕前を持つパイロット。
女性たちからもキャーキャーと言われ人気があります。


賞金稼ぎとして活躍し、人さらいをする空賊たちから人々を守っています。

人を殺すのは戦争で、自分がやっているのは賞金稼ぎだというポルコは人を傷付けたり殺めることを嫌っているようです。


そんな姿もかっこよく描かれていて豚なのに素直にかっこいいと思えます。
豚がかっこいいというのも面白い話ですよね。


そんな豚のポルコも生まれてからずっと豚だったわけではありません。


元人間だったのです。


ポルコの人間の頃の素顔とは?

ポルコロッソはかつて人間として第一次世界大戦でイタリア空軍として活躍をしたエースパイロットでした。

戦争に出て人間としても活躍をしていた彼。


作中で出てくる昔の写真のポルコはすごく好青年で女性にもモテそうです。

幼馴染のジーナも、もしかしたら好きになっていたのではないでしょうか。
言葉のかげにそんな思いを感じます。


昔の写真は顔が見えないようにペンで落書きされてしまっています。


poruko1


その奥に見えている顔はかっこいい好青年ですよね。


そしてアニメ内で実際に出てきたポルコはこちらです。


poruko2


では彼はどうして豚になってしまったのでしょうか。


Sponsored Links

ポルコが魔法で豚になった理由は?

魔法にかけられて豚になってしまったポルコ。

でもなぜ魔法にかかってしまったのかが作中では明らかにされていません。


登場したときからすでに豚の姿であるため何が理由で豚になってしまったのかわかりません。

回想シーンで友人を救えなかったことなどが描かれていますが、これが原因なのでしょうか?


ポルコ本人が魔法にかけられたと断言しているシーンもありません。


実はこの魔法という言葉を使ったのはジーナです。

それ以外の人たちは魔法という言葉を使っていません。


ジーナが勝手に魔法にかけられてしまい、豚の姿になってしまったと思っているのか?
それとも他の要因で豚の姿になったのをジーナが少し言い回しを変えて魔法という言葉を使ったのか?



この二つの可能性が考えられますね。
(二つ意外にも考えられますが。)


好きな人が豚になってしまったのだとしたら魔法だと思いたくなるかもしれませんね。

しかも人間が豚になる・・・
普通にあり得ませんしね笑


ポルコは人間のマルコに戻れたのか?

ポルコは人間のマルコに戻れたのかは実際にマルコの人間の姿は映像で、出てきてはいませんが、


ポルコとフィオの別れ際にフィオはポルコにキスをしました。


その後


「その顔!」


とカーチスが驚くような描写があります。


そこで顔が出ないのでどうなったのかはわかりません。


ただその後、顔を見られないように逃げたポルコをカーチスが追いかけてでも顔を見ようとしたのは人間に戻ったからの可能性が高いと考えられます。

はっきりとは描かれていませんが、顔を出さない演出を考えると人間に戻ったのではないでしょうか。

でなければあそこまで驚かないと思います。


ただ人間に戻ったのであれば、あの体型もなんとかしないといけないのではないか・・・。


人間に戻ったのであればその後、どうなったのかが気になるところです。


宮崎駿監督は

人間に戻ってもまたすぐに豚に戻り、十日くらい経つと飯を食いにジーナの前に現れる



こう言っていますが、最後にどうなったのかは基本的には観客にゆだねられています。

このゆだねられるパターンだといろいろと妄想できて、おもしろいですよね。

Sponsored Links
■ オススメ記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ