猫の恩返しでムタの本名と種類は?最後のセリフと声優も紹介

猫の恩返し ムタ

猫の恩返しといえば猫のバロンが有名ですが、脇を固める猫たちもとても魅力的なキャラクターたちばかりです。

バロンの人気に負けないくらい人気な個性派猫のひとり目つきの悪い太った猫のムタ。
思わず顔を埋めたくなるようなお腹をしています。

今回はそんなバロンの仲間でもあるでっぷりとした体型のムタについて詳しく紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

ムタという名前はの本名ではなかった?

ボッテリとした体に目つきも鋭く、どう見てもボス猫という体風をしているムタ。
性格も見た目のとおり俺様です。

猫の恩返しのキャラクターの中で唯一のデブ猫ちゃんです。
皆からはムタと呼ばれていて、デブと呼ばれると怒ります。


そんな彼の本名は「ルナルド・ムーン」


月という意味のムーンでとても素敵な名前ですが、本名とは全く似つかないものです笑

どうなまったとしてもムタにはなりません。

猫は音域の「ゆ」が発音できないと言われているので、なぜムタになったのかは定かではありません。


この「ルナルド・ムーン」ですが、実は猫の世界ではとっても有名な猫なのです。


彼は昔猫の国の湖に住む魚を食い尽くして逃走に成功した伝説の大泥棒猫!


壁画にもなっていて、魚をくわえた壁画が登場するシーンもあります。

通常の猫の寿命よりもかなり長く生きているらしいムタが泥棒だったことを知る人はあの猫の王様ぐらいでしょうか。

知り合いのように会話をしています。


あの体型からかつては大泥棒だったと言われても本当なのか疑ってしまいます。

それでも作中で華麗な身のこなしを披露しているので太っていても筋肉がすごいのかも。

でも顔はスリムだからもしかしたら昔は細かったのかもしれないですし、魚やシフォンケーキなど美味しいものを食べすぎて太ってしまったと思えば納得できないこともないですね。


ムタの猫の種類は?

ムタの種類については作中では詳しく出てきません。
バロンについてはアビシニアンと思われますが、種類については細かな描写があるわけではありません。


長く生きているという点も考慮すると血統書付の猫は短命と言われていますし、


雑種であると考えるのが妥当かなと思います。


もしかしたらムタは猫又とかなのかも!?

Sponsored Links

猫の国では見えないだけで、実はもう一本しっぽが生えているかもしれませんよね。
そうだったらさらに夢が広がります。


ムタの最後のセリフとは?

ムタの最後のセリフは


「もってなんだー、もってー」


と言っています。


ちょっと聞きとりづらいですがちょっと拗ねたように言っているのが可愛らしいですよね。

これはハルがバロンたちにお礼を言った時についでのように「ムタさんも」と言ったからです。


なんだかんだ言いつつムタもハルのことを気に入っていたのでしょう。

バロンとトトは名前で呼ばれているのにムタはおまけのように呼ばれているので「なんだよ!」と拗ねてしまったのかもしれません。

そういう部分はツンデレな猫の部分がよく表現されているなと思います。


⇒耳をすませばと猫の恩返しの関係性は?バロンやムタの繋がりを紹介


ムタの声優は?

個性的な声でもあるムタの声優を務めたのは渡辺哲さんです。

様々なドラマに出演し、物語を楽しませてくれる俳優さんです。

名前は知らなくても顔を見れば


あぁ!


751_2


となる俳優さんではないでしょうか。


2時間ドラマや任侠映画、大河ドラマなどにも出演し強面そうな顔を活かした暴力団員や昔気質の現場一筋な刑事さんなどを演じています。

怖そうな顔ですが笑顔はとても優しくおじいちゃん役なども演じていらっしゃいます。


同じジブリ作品でいえば


もののけ姫の山犬の声も渡辺哲さんが演じています!


確かに顔は少しムタさんに似ているかもしれません笑

強面だけど優しいところなども似ている点が多そうです。


ジブリ作品は俳優さんを起用することが多く、当たりはずれも結構ありますが、この猫の恩返しのムタに関してはぴったりなはまり役だったのではないでしょうか。

声優の渡辺哲さんあっての猫の恩恵返しでした。


⇒耳をすませばの声優一覧!高橋一生や高山みなみも出演していた?


猫の世界にたっぷりと浸ることができ、もしかしたら本当に猫の国が存在するかもしれないと思いながら物語を楽しむと、また違った楽しみ方ができるかもしれませんね。

Sponsored Links
■ オススメ記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ