耳をすませばと猫の恩返しの関係性は?バロンやムタの繋がりを紹介

耳をすませば 猫の恩返し 関係

1995年に公開された『耳をすませば』と2002年に公開された『猫の恩返し』
この二つの作品には深い関係性があることを知っていますか?

今回その『耳をすませば』と『猫の恩返し』の二つの作品の関係についてみていきましょう!

Sponsored Links

耳をすませばと猫の恩返しの関係性

ジブリ作品に中で耳をすませばと猫の恩返しは密接な関係にあります。

この二つの作品にはいくつかの共通点が存在しています。
その関係について上げていきたいと思います。

バロン

耳をすませば
猫の恩返し

の二つの作品のどちらも登場する猫がいます。


その猫とは・・・


バロン


です。


耳をすませばでは・・・

1843_2

雫の書く物語の登場人物
地球儀に置いてある猫の人形



猫の恩返しでは

1843_3

猫の国に連れて行かれそうなハルを助ける猫の事務所にいる猫の男爵


としてそれぞれ登場していました。

猫の恩返しでは主人公は吉岡ハルですが、バロンの存在感は主役級でしたね。


⇒猫の恩返しでバロンとハルのその後は?本名やかっこいいセリフを紹介

ムタ

耳をすませばと猫の恩返しの二つ目の共通点ですが、この二作品にバロン以外でどちらにも登場するもう一匹の猫がいます。


その猫は

耳をすませばでは地球儀に

1843_4


猫の恩返しには猫の事務所に

Sponsored Links

1843_5


それぞれの主人公の雫とハルを導いていています。


その登場した猫の名前は


『耳をすませば』ではムーン
『猫の恩返し』では愛称ムタ・本名ルナルド・ムーン


として登場しています。


耳をすませばのムーンという名前は・・・

猫の恩返しのムタの本名ルナルド・ムーンで使われています。


猫の恩返しのムタという名前は・・・

耳をすませばで名前の一つとして呼ばれています。


耳をすませばのムーンは天沢聖司が付けた名前ですが、いつもいろいろな場所を徘徊しています。

そのため場所ごとにいろいろな名前があり、作中ではムーンの他にお玉・ムタなど名前を付けられていました。


⇒猫の恩返しでムタの本名と種類は?最後のセリフと声優も紹介


猫の恩返しは耳をすませばの続編?

耳をすませばで雫は聖司の影響を受け、物語を書いています。
その物語の主人公は地球屋に置いてあるバロン!

そして実は


猫の恩返しは雫が書いた物語


とされています。

ちなみにこれは


スタジオジブリの公式設定です!


後にも先にもスタジオジブリでリンクしている作品はこの猫の恩返しと耳をすませばのみ!

非常に貴重な二つの作品ですね。


猫の恩返しと耳をせませばの原作者は?

猫の恩返しと耳をすませばはお互いの作品がリンクしていますが、これができたのはなぜかというと


原作者は同一人物だからです!


その原作者は・・・


柊あおいさん


1990年頃に発売された『耳をすませば』がまずは映画化され、その後柊あおいさんが宮崎駿さんに依頼されてできた作品が


『バロン 猫の男爵』


という猫の恩返しの原作となった作品です。



猫の恩返しと耳をすませばの関係を映画で見つけて、また原作もチェックしてみるとさらに二つの作品がおもしろくなると思いますよ。


雫と聖司がその後どうなったかはこちらの記事で紹介しています。

⇒耳をすませばで雫と聖司のその後は?原作では二人は結婚したのか?

Sponsored Links
■ オススメ記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ