風の谷のナウシカでクシャナのおぞましい身体とは?

風の谷のナウシカ クシャナ 身体

風の谷のナウシカでナウシカの対極の存在のように扱われるクシャナ。

映画版では中盤まで鎧を纏っていますが、クシャナは自身の身体について気になる発言をしていました。

今回はそのクシャナの身体についてみていきましょう!

Sponsored Links

クシャナの身体はどうなったのか?

全身に鎧をまとまったクシャナの身体。

しかしその本当の姿とは・・・

風の谷で拘束された際にクシャナは自身の左手首を取ってみせました。


1423_4


その手を取った姿は義手でした。


この時ユパの


「虫にか?」


という問いにクシャナは答えませんでした。


ただ状況的に原因は


王蟲などの虫
他国との戦争



で失ったことしか考えられません。

漫画ではトルメキアと世界を二分する土鬼という国が出てきますが、映画では土鬼の名前すら出てこないため、ここでは虫と考えていいと思います。


そしてその後クシャナは

「わが夫はさらにおぞましきものを見るだろう」



と言っていました。


クシャナの身体はどこまでないのでしょうか?


おぞましきもの


ってかなり強烈な言い回しですよね。

Sponsored Links

といういうことは左の義手以外にも身体がない部分があると思ってしまいますよね。


鎧を身に纏っていないクシャナの姿は


1423_3


これだけみると右足と左足には鎧を身に着けているため、鎧兼義足の可能性はありますね。

ただ実際にクシャナの身体はどうなっているのか細かい描写はありませんでした。


クシャナの身体は漫画では普通にある?

映画では身体の一部がないクシャナですが

実は・・・


クシャナの身体は漫画では普通にあります!


1423_2


この身体の一部がないのは映画だけの設定です。


なぜクシャナの身体を映画と漫画で異なる描写にしたのか?

これはわかってはいません。


漫画では最後までクシャナは生き残りますし、身体がなくなるということは特にありません。



今回はクシャナの身体についてみていきましたが


「おぞましいもの」


という表現が強すぎて、クシャナの身体がどうなっているのか気になってしまいますね。

Sponsored Links
■ オススメ記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ